生ごみが土になる!

2月中ごろ、にマクロビ料理のお仲間、Uさん達数名が微生物を知りたいと我が家に集まってくれました。身体にいい野菜を食べる為には土作りも知りたいと思ったそうです。天然酵母パン作りはじょうずだし、足裏を揉んで健康状態を整える官足法も教えてくれる方々に、私が講師!緊張して何を教えたらいいか悩みます。

まずは仙台生ごみネットで講座をしている「ダンボールでの堆肥作り」が微生物のことも体験できるし、わかりやすいかと基材を準備(腐葉土、ぬか、もみ殻薫炭のセット)しました。冬は寒いのでむずかしいから敬遠していたけど、ダンボール箱をあたためる工夫をすれば生ごみを微生物が分解して発酵熱もでてきました。

その様子をUさんがアップしてくれています。

当店は微生物資材【EM商品】を扱う店ですから、EMから学ぶことはいっぱいあります。でももっと基本を知る為に、渡辺巌著「農業と土壌微生物」という昔の本を読んでいます。

Biseibutu

昔、高校時代に生物の授業があったけど微生物のことなんてまったく覚えていません。EMとであってからは善玉菌と仲良くして暮らすといいよ!とお店で説明しているので読み始めましたがむずかしいのなんのってすごい世界です。

・地球は45億年前に誕生、微生物は35億年前頃に現れた。

・微生物は空気の嫌いな嫌気性菌、空気の好きな好気性菌、条件的嫌気性菌など環境の違いで種類がわかれる。

・生物を大きく分けると

◎独立栄養性生物:無機物質だけから有機物質をつくりあげることができる生物で太陽光と炭酸ガスから光合成で有機物を作っている植物達

◎従属栄養性生物:植物を食べて生きている動物達

植物は根からも微生物が作ってくれた栄養分(無機質のN、P、Kなど)を吸収して育つ。だからといって化成肥料の窒素、燐酸、カリウムは即効性はあるが、土がだんだん硬くなるし、分解できないまま残る。

有機物からできた堆肥には微量ミネラルもあるので、野菜が元気に育ちます。私達人間は植物を食べ、生きていられるので従属栄養性生物に入る訳です。

ところでEMでは乳酸菌、酵母、光合成細菌などがいっしょにペットボトルに入っています。なぜ有用菌といわれるか、これらの菌のそれぞれの性質を知りたいので、まずはこの本で復習です。

| | コメント (0)

EMと天然酵母

今朝もパンを焼きました。

生だねを2日かけて起こし、小麦粉に混ぜ込んでまた1日かけて発酵させてから焼く天然酵母のパン

Dscn1442

塩しかいれてないのに甘くなるのはなぜかと考えていると、EMの働きの説明を思い出します。

甘酒も麹かびの働きでご飯がものすごく甘くなってしまうし、微生物の仕事はすごいと思うこの頃です。

乳酸菌と酵母は通性嫌気性菌といって空気があってもなくても活動できると説明されています。この2つが相性がよくて小麦粉の中で活動しているうちに、ほのかな甘いパンを作ってくれるのを知りました。

おいしい話の後ですが、生ごみに「米ぬかEMぼかし」をかけて生ごみ堆肥を作る過程でやはり同じことがおこっているのではと想像します。

生ごみだから食べないけれど、分解発酵しながら、土や作物に役にたつものを作り出しているのだと思えます。

| | コメント (2)

生ごみリサイクル、屋内型密閉容器の問題点

先日ドカ雪が降り、道路も大渋滞で大変だったのに、春の雪はすぐ消えて元に戻っています。

さて5,6年以上、生ごみのぼかし和えを畑に直接埋めて分解させていた私なのですが、生ごみネットで体験した腐葉土つくりや、完熟堆肥の重要性をしり、畑に直接埋めることをやめる決心をしました。

土の保肥力といって、畑にいる土壌微生物が有機物を分解できないくらい投入すると、未熟堆肥になるからです。作物にも悪影響がでてうまく育たないようです。

今年の生ごみ堆肥は腐葉土の中に入れ込んで作っていきます。

037_3

大きさは畳1枚ぐらいの木の枠を使う。

古いじゅうたんを雨よけにかけるが通気性はあるので空気が入る。

038_3

生ごみぼかしあえを入れたら、固まりが残らないように腐葉土とまぜる。

作業が終わったら、またじゅうたんを雨よけ、動物のいたずらよけにかけておく。

その後2週間もすると生ごみが分解してなくなっていますので次の生ごみぼかし和えを投入する。

何度も繰り返していくとミネラルたっぷりの腐葉土入り完熟堆肥になる予定。

この方法は屋外型容器にくらべ、充分空気が入るので腐敗にいかず、すぐれていると思います。

仙台市リサイクル推進課の写真L01_051 

ブロッコリーの花

039_3

| | コメント (0)

蔵王町EM研修会

県南の蔵王町でEM研修会が3回に渡り開催されます。

会場の文化会館は宮城蔵王をまじかに見て、すぐそばに遠刈田温泉があり、きれいな水が豊富に流れる気持ちのいい場所でした。

住んでいる方はみなさんが広い畑を耕しておられます。だからこそ主催者の我妻さんは化学肥料や農薬を使わないで食べて安心のおいしい作物をEM有機農業で作りたいとのことでした。

1回目は沖縄の研究機構から講師がきてくれますが、残り2回はUーネットみやぎが手分けして講師を務めます。

EMでぼかし作り、米のとぎ汁発酵液作りなど基礎的なことをいっぱい勉強します。関心のあるかたはぜひお申込下さい。

  申込、お問い合わせ:八島米穀店 電話022-256-2068  

Img024_5   

| | コメント (0)

EMだんご作り

だんごといってもEM泥だんごを作りたいと荒浜小学校(6年生21名)より依頼がきました。

近くの歴史ある貞山掘で手作りの舟に6年生が乗るイベントがあるそうで、その為に川を調べたらとても汚いのがわかり、EMだんごを活用して浄化したいと「U-ネットみやぎ」にお話をいただき協力しているところです。

9月はじめに米のとぎ汁EM発酵液作りの授業もしました。その発酵液を使って、いよいよ団子作りの説明です。

002

手がどろだらけになるので実習は校庭で行いました。

材料:蔵王の黒土、ぼかし、米のとぎ汁EM発酵液、セラミックパウダー

EMニュースからお借りした写真、完成した団子。

最初は土なのに1週間シートをかけて保存しておくと、ダンゴからへどろを分解、浄化する菌が写真のようにいっぱいでてくるはずです。

意外とこの仕事は手が疲れます。土は重いし、固くしっかり作ろうと握るからです。

この日は皆で約600個できました。

このだんごを1回投入しただけではききめはでないと思いますが、これをきっかけに地域の方にもEMに関心をもっていただけたらと思っています。

東京の日本橋川や大阪道頓堀などでもEM泥団子を何万個も川に入れていますが、何人もの力でやっとできる仕事だと実感しました。

9月29日(火)に、6年生が手作り舟にのって貞山掘りにだんごを投入するのでその様子は後日お知らせします。

| | コメント (0)

ぼかしでヌカ漬け

家庭菜園のきゅうりがとれだすとヌカ漬けを作らなければと思いますが、今年はもみがらを入れない1型ボカシをヌカ床にしました。EMボカシネットワークの記事を参考にしました。

新しいヌカを使いボカシを作ったのは7月はじめで、1ヶ月寝かせて出来たボカシのヌカ床2キロに自然塩400g、昆布、なんばんも入れて8月はじめからヌカ漬け開始です。

普通、すて漬けをして野菜やヌカから乳酸菌、酵母をふやしますが、すでにEMぼかしのなかに乳酸菌、酵母はふえて充満しているので、捨て漬けをしないですぐ食べてもおいしかったです。

今日の状態

006

昨日畑からとってきたきゅうりを入れ終わったところ。

007

きゅうりを中におしこんで上に軽くふたをします。約10~12時間後が食べごろです。

雑菌にまけてないし、大丈夫な匂いです。この状態でいつまで続くか頑張ってみます。

| | コメント (0)

澤口農園見学

25日の土曜日、5回目で最終の授業となった澤口講師の畑見学でした。

005

山土をもってきて腐葉土、鶏糞、生ごみ堆肥などで育土した畑、EM活性液をたっぷりかけているので踏むとやわらかい。ここに大根をまく予定だそうです。   

006_2   

007_3

なんでも手作りしていて、屋根つきの腐葉土堆肥場が皆にうけた。

002_2

生ごみ堆肥をプランターで作る場合の説明中。スイカは大きくても分解するが大根は小さく切らないとだめだねと言ってました。上に厚めのビニールをかけるのが大事で薄いと熱があがりすぎて腐敗にいってしまうとの事。底には落ち葉など空気を含むものを置いて、中にぼかしあえ生ごみが入っていました。

(説明)プランターの下から入る少しの空気で活躍する「通性嫌気性菌」の乳酸菌や酵母がふえ、同時に空気の好きな放線菌、糸状菌も活躍して生ごみを発酵、分解してくれるので夏なら2週間で生ごみは分解します。

014

ビニールハウスにトマトがいっぱい植えてあったのに写真をとるのを忘れました。ハウスの中でボカシをかけて草や作物の残渣を肥料にしている場所がありました。

015

豆を入れて作ったぼかしを水に溶かし、これを畑に追肥としてまくそうです。

七ヶ浜からくず昆布といっても、おいしい昆布を手に入れてボカシに入れ、ミネラル補給していると言ってました。

豆や、昆布まで使っているなんて人間と同じくらい体にいいものを食べている畑でした。

018

すぐとなりに無農薬の水田があり、そばの増田小学校の生徒といっしょに米作りしているとの事。これもさわやかな味の米になるでしょう。

30数名で押しかけたので完熟していたハウスのトマトは見学した生徒がみんな食べてしましました。甘みはもう少しでしたが実がぎっしり詰まっていて安心して食べれるおいしさ。

澤口さんが汗をいっぱいかきながら、私達にEMの実践方法を説明してくれました。ほんとにありがとうございました。

| | コメント (0)

EMぼかし

Bokasi

先日といっても10月末の話ですがミヤギテレビの「おーばんです」に取材されました。

10月26日に全国大学女子駅伝大会が開催されたので出発地の陸上競技場付近のお店を取材してくれました。立命館大学4連覇したときです。

Photo

こんな宣伝をみやぎテレビの方にみつけてもらいました。ありがとうございます!

伊藤拓アナウンサーに約1分、「ぼかし」を説明しました。

伊藤さん:お米屋さんなのに、ぼかしって何ですか?

私:有機肥料です。ヌカは栄養満点なのでそれだけでも利用価値ありますが、そこに微生物資材(EM)を加えたものです。土作りにとても役にたちます。

伊藤さん:ヌカが原料なのでお米屋さんにあるんですね。

私:熟成期間が1ヶ月以上必要だし、手間もかかるので完成品は高くなりますが、ここで作りかたも教えています。家庭菜園をしている方に喜ばれています。

おかげさまでぼかしの問い合わせがチョットふえたし、現在1型ぼかしが品切れです。

製造元の「ワークつるがや」という福祉施設でも最近人気がでてきている為です。

当店も製造販売しないと間に合わないと考えているところです。

| | コメント (3)

微生物の種類

002_3     ダンボール堆肥をやってみたいので教えてほしいと若い方が来店された。

その方はおにぎりやさんだというのでお店の見学をしながらダンボール堆肥の実演をしてきました。お店は古い家具などを利用したり、おにぎりだけでなく手作り品を販売したり、かわいいお店でした。

まず、仙台市で650円でセット販売している「腐葉土、ヌカ、もみがら薫炭」をまぜてダンボールにいれます。その中に生ごみを入れて自然界に存在する空気の好きな菌(好機性菌)で分解していくというものです。

うまくいけば何日かたつとダンボールの中が熱くなって湯気もでたりします。腐葉土の中にいっぱいいた菌やヌカの中にもいる乳酸菌などが、生ごみをいっせいに分解していくときに出る熱です。

ダンボールに入れた材料の水分は60%ぐらい、洗濯機で衣類を脱水した直後のような状態が良く、温度も20度以上だといいです。これからは暖かくなるのでダンボール堆肥化をはじめるのに適しています。

生ごみを扱うのですから虫が入ったり、腐敗臭がしたりして挫折してしまう方が多いので、せっかく挑戦した彼女に「楽しみながら堆肥ができたよ」と言ってもらえるようにサポートしていくつもりです。

ダンボール堆肥化の詳しい説明はこちらです

| | コメント (0)

EMW

Emw_2 当店で販売している「EMW」という商品は家庭でEMを使いやすくするために柑橘系で色もうすく香りもよくしたものです。

EM菌は米のとぎ汁で培養する方もどんどん増えてきました。掃除、洗濯、お風呂に入れて塩素を中和させるなど家庭の中で色々使うことができます。犬や猫などのペットにも飲み水に入れたり、毛並みをよくしたりするために使われて、元気になったと喜ばれています。

私の髪の毛は固く、しかもふけ症なので悩んでいました。これを直す為にリンスとして本腰を入れて使い始めました。

EMシャボンダマシャンプーで洗ったあとよくすすぎます。あとは洗面器のお湯の中にEMWを50ccほど入れて髪をリンス状態にするだけです。すぐに洗い流さない方がEM効果がでます。酢でリンスする人もいますが乳酸菌でリンスしてることになります。

地肌が元気になり、私のふけ症がなおったら又報告します。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧