野生酵母のウエダ家

25日の日曜日、リナロのイベントに参加しました。

小田切先生が東京に通って受講しているウエダ家さんの野生酵母のお話と、これらの発酵液を実際に味わう事ができる講座です。

なんと明日(27日)のNHK朝いちに、ご出演されるそうですからぜひご覧ください。ゲゲゲの女房のあとの時間帯です。

Image0261_2

東京のスタジオからもってきてくれた昆布、トマト、ぶどう、りんごのすりおろし、たまねぎのすりおろしなどの酵母たちが仙台のいつもの教室に並んでいます。

これらは冷蔵庫で低温発酵させていて酸味と甘みがそれぞれ違った味になっていました。

そのまま飲むことも、食べることも、料理に使うこともできますし、パンを作る事もできます。

最近、「甘酒アイス」を作って楽しんでいましたが夫に不評でした。麹の臭いがいまいち好きになれないとの事・・・50度から60度で10時間ほどまつと、とても甘くなる甘酒なのに結構きらいだという方が多いです。60度で布巾をかけて10時間待つ間にその他の菌も入るし、麹はカビだからでしょうか?麹と酵母の違いは?

まだまだわからないことが多いですが、今度は冷蔵庫で甘酒を2週間かけて作ってみます。甘酒とは違う飲み物になるかもしれません。

昨日ウエダ家さんがだしてくれた、米と野生酵母で作った飲み物に感動したからです。

| | コメント (0)

天然酵母パン教室

2回目の天然酵母パン教室。砂糖、バター牛乳、生クリームなど入れないのに、しっとり、フックラ、カリッのパンになるのです。

おいしくてピクニックなどに最適のピタパンと黒豆のディップ

057 092

イングリッシュローフ 

060

自分で焼けるようになるにはまだまだ先です。

今日はホシノ天然酵母をビンに入れて生だねの作り方の勉強

家に持って帰り、まる1日たちましたがなんだか元気がないです。これでいいのかしら?

094

酵母は温度25度Cで、約30時間後に表面に小さな泡がでてクリーム状になると成功らしい。でも量が増えてないし不安。

空気が少ないかもと1度かきまわし、穴をあけてるラップをふわっとかけなおしました。

今年からお世話になっているまめ先生のおかげで、EMの中にもいる酵母と深い付き合いがはじまってます。

| | コメント (0)

パン作り

国産小麦、自然塩、水、ホシノ天然酵母が材料で砂糖は使わなくてもおいしいパン作りの教室に4月から通えることになりました。

教わるメンバーはマクロビ教室でもいっしょの方でした。なつかしいねーとご挨拶してスタート。

今日はプチパンとセサミハースブレッド

1回目だから先生が前もって発酵させて準備していたものを整形してガスオーブンで焼きました。

Pann018

にんじんとレンズ豆のマリネ、きゃべつと白インゲン豆のスープつき

我が家の朝食がこんなになるのはまだまだ先の話。

来月はいよいよ「ホシノ天然酵母」の起こし方を習います。

| | コメント (0)

天然酵母と出会えた!

私はEM商品を扱っているので微生物の勉強をしているけれど、マクロビ料理をする方たちは普通に天然酵母を扱ってパンを作っていました。

最近、真澄先生からぜいたくにも月1回きてもらってマクロビスイーツやパンの作り方を教えてもらっていますが2回目をご紹介します。

キャロブチップスのスコーンと桑茶の豆乳プリン

004 

ホシノ天然酵母のなま種をはじめてみせてもらいました。昔から自然界の微生物はここでも大活躍していたのだと脱帽!

焼きたては天然酵母からでるお酒のような匂いとしっかりした歯ごたえがあります。

めずらしい桑茶の粉末をいれた豆乳プリンとともにおいしく食べました。

興味が出た方、いっしょに勉強しましょう。連絡お待ちしてます。

| | コメント (0)

まくろびクッキー

秋田のEMクリーニング店、えどやさんグループが仙台にいらっしゃいました。

その時おみやげにいただいた鹿角郡小坂町の「菜菜の油」、「りんごジュース」はすばらしいので卵、牛乳、バターを使わないクッキー作りに使っています。

まくろび庵のスイーツ教室に入り、この年でやっとお菓子が作れるようになりました。

甘みはメープルシロップやリンゴジュース、バターの代わりに食用なたね油を使います。

今日はすりゴマ入りのクッキーにしました。

Photo_2 

ところで秋田のEMグループはわらしべ舎のせっけん作りなどを勉強しにいらしたのですが、次の日には、合成洗剤と石けんについて講演もしてくれました。

クリーニング店を経営なさっている洗濯のプロのお話ですからとても説得力がありました。

その様子はえどやさんのブログに詳しく報告されていますのでご覧下さい。

| | コメント (2)

まくろび庵パーティ

まくろび庵に通っている生徒さんの各クラス修了式をかねて、料理パーティがありました。

私は五穀パイにしましたが昨日の夜に台になる雑穀を電気釜でたいておき、今朝パイの部分の玉ねぎ、しいたけ、にんじん、春雨をいためて豆乳とくず粉でつないだものをのせ焼き上げました。なんとか形ができたので一安心。

先生がまずは試食、誰が一番という会ではないのですがおいしいと言ってもらえるか緊張します。やさしい先生なのでみんながほめられました。

先生の玄米粉ゆべしはさすがでした。出席した方の多くがまくろび料理で自分の考え方が前向きになり、元気になったと言ってました。

003 007

009020 017 025










自分の料理をとるのを忘れてしまいましたが、まくろび庵だよりに載ると思います。

めぐみ先生、若生校長 とても勉強になりました。ありがとうございました。

| | コメント (2)

満月

マクロビ庵で自然界のリズムに合わせるというタイトルで、月の満ち欠けをもとにしながら太陽の動きも加味した暦で「太陰太陽暦(旧暦)」の話を聞きました。

我が家にひとつだけ満月や新月と書いてあるクリーニング店のカレンダーがあります。

月の満ち欠けは約28日の周期でなんと女性の生理に深く関係しているそうです。今日は満月でこれから月は欠けていくのでそういうときの心構えは次のように説明されました。

○満月から下弦の月に向かうとき(7日間)

地球に働きかけるエネルギーが満月を境に引き締める力へ。身体は老廃物を出し終わり、蓄える方へと変化するエネルギー変換の時期。カラダを徐々に引き締めてあげましょう。新しいエネルギーを作り出す準備のときなので、リラックスしてゆったり過ごしましょう。女性が一番輝いているときです。刺激的なものは避けて、球形の野菜など安定したエネルギーをもつ食べ物で、ココロとカラダに安定を。

食べ物:もち玄米、粟、雑穀、キャベツ、かぼちゃ、かぶ、ブロッコリー、玉ねぎ、あらめ

下弦の月とは半分になったときです。すっかり黒くなった月は新月、または朔

「朔」という漢字は真っ暗な夜の状態だったのかと恥ずかしながらはじめて知り、詩人の萩原朔太郎を思い出しました。

まくろび庵の教室では若い生徒さんが多いので、生理中に苦しくなる人などはどんな食べ物で楽になるかを先生に聞いています。

そして暦どうりに今日は満月!

114

| | コメント (0)

玄米ご飯のおいしさ

我が家で玄米を炊くと、新寺のマクロビ庵やいろは横丁のレイションで炊いたものと甘み、もっちり感が劣ります。

私がもっている理研の圧力鍋を使ってカムカム鍋を入れたりして炊いた場合でも、理想とするおいしさがでません。

その他に電気がまは時間(1時間半)がかかりすぎるし、土鍋は火加減がむずかしくこげを多く作ってしまいます。

おいしくできない原因をずっと考えてきましたが鍋の圧力の違いでした。。

マクロビ庵ではドイツのフィスラー社の圧力鍋:マクロビ庵で玄米ご飯を炊くときは洗ってすぐですし、先日は皮の固い小豆も洗ってすぐいれたのにおいしかったのです

玄米コーヒーもおいしい「レイション」では平和の鍋

理研は2003年に鍋のふたが飛ぶという事故もおきていたのと、IHクッキングにはアルミは使えないなどの理由から衰退していたのでした。

来年は鍋をフイスラー社に変えて玄米ご飯を作り、どうなるか食べてみたいと思っているところです。

| | コメント (2)

野菜寿司Ⅱ

Kayさん コメントありがとうございました。デジカメをもっていかなかったので文章だけのせたのですが写真がみたいとのご希望を読み、今日再現しました。

教室で作ったものとかなり似ていると思います。今回は3分つきのお米にしましたが梅酢だけなのに落ち着いたおいしさです。

せっかくだから敬老祝いにしましょう。きっと母がたまげると思います。

016_2

| | コメント (1)

野菜寿司

先日まくろび庵の初級コース、最後の授業がありました。

たきあがった玄米に梅酢だけの寿司飯をつくり、上にのるのは野菜だけ!

それでもおいしいマクロビパーティーとなりました。

1.ゴボウの梅煮とこんにゃく=イカ刺を連想

2.しいたけを網で両面焼きして醤油を最後にかける=風味満点で歯ごたえあり

3.エリンギを薄くきって油で炒め、塩、こしょう=あわびの食感

4.れんこんと蒸しにんじん=れんこんの穴からオレンジ色がみえておもしろい

5.青菜ゆで=緑の寿司がきれいで食べてもおいしい

6.かいわれ大根と梅少し=洗ってのせるだけなのに辛くて新鮮

7.みょうがの梅酢づけ=赤い色のお寿司に変身、シャキシャキでおいしい

8.べったらづけ=沢庵になったが漬物と玄米寿司はあう。

この教室にプラスチックの調理器具はいっさいないのにずっと感心してきました。小田切先生はステンレスや土鍋や木製のものしか使いません。家にはプラスティック製品があっちこっちにある訳で、先生のこだわりを学びました。

特にフィスラーのステンレス製圧力鍋で炊いた玄米ご飯はおいしくできます。甘みとモチモチ感がありながらやわらかく炊けるので、私も揃えたいと思っているところです。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧