« タカキビ甘酒 | トップページ | 榴ヶ岡天神まつり »

EMと天然酵母

今朝もパンを焼きました。

生だねを2日かけて起こし、小麦粉に混ぜ込んでまた1日かけて発酵させてから焼く天然酵母のパン

Dscn1442

塩しかいれてないのに甘くなるのはなぜかと考えていると、EMの働きの説明を思い出します。

甘酒も麹かびの働きでご飯がものすごく甘くなってしまうし、微生物の仕事はすごいと思うこの頃です。

乳酸菌と酵母は通性嫌気性菌といって空気があってもなくても活動できると説明されています。この2つが相性がよくて小麦粉の中で活動しているうちに、ほのかな甘いパンを作ってくれるのを知りました。

おいしい話の後ですが、生ごみに「米ぬかEMぼかし」をかけて生ごみ堆肥を作る過程でやはり同じことがおこっているのではと想像します。

生ごみだから食べないけれど、分解発酵しながら、土や作物に役にたつものを作り出しているのだと思えます。

|

« タカキビ甘酒 | トップページ | 榴ヶ岡天神まつり »

EM」カテゴリの記事

コメント

教室ではお世話様です。昨日のまめ先生の生地のこね方は驚きでしたね。今度は力をいれずにやさしくこねて作ってみます。天然酵母パンも無農薬玄米も食べて元気になるものは作りがいがありますね。ずっとよろしくお願いします。

投稿: yasima | 2010年7月16日 (金) 08時52分

こんばんは
パン教室でご一緒させていただいてます!
きょうのフォカッチャもとっても美味しかったですよね。
わたしも生種作りま~す。
9月またお会いできるの楽しみにしてますねっ。

投稿: よしの | 2010年7月15日 (木) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タカキビ甘酒 | トップページ | 榴ヶ岡天神まつり »