« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

畑からがま蛙

Hatake_006 仙台は梅が満開できれいですが桜はこれからというところです。

先日、畑にうねを作っていた時に冬眠中の蛙を土の中から掘り起こしてしまいました。

ぎゃーと思ったけど、蛙も眠りをさまたげられたので迷惑だったと思います。

よくみるとすごくやせてて目も半分しかあいてない感じで、何ヶ月も飲まず食わずで生きてきた姿が確かにわかります。

人間からみるとほんとに不思議な世界。

今年もここに4月末頃になすやピーマン、きゅうり、トマトなどを植える予定ですが、まだ私は苗を買って植えるのが多く、種から自分で育てる本格的無農薬栽培とは言えません。農業のむずかしさと奥深さだけを知ることができたという状態です。

| | コメント (0)

屋内型バケツでの生ごみ利用

04namagomi3 もうすぐ4月だし、家庭菜園の土作りをするためにヌカを買いにいらっしゃる方が増えてきました。

当店のヌカは15k詰めで300円です。何本も欲しい方は電話で予約してから来てくださると助かります。

この写真のように私はボカシで生ごみを屋内型容器に保存して、いっぱいになったら畑にうめるという仕事を何年も続けています。

土に埋めて1ヶ月もすると畑の土壌菌やらぼかしのEM菌やら、自然界の微生物が生ごみを分解してしまうので、すごいと思いながら野菜作りを楽しんでいます。

やっかいな生ごみを保存するときに、以前は屋内型容器の場合は空気(酸素)を入れないようにと気を使って重石を上においていました。また大きいビニール袋を用意し、水分が抜けるように下に何個も穴をあけて、その袋に生ごみボカシあえをためていくという面倒な方法をしていました。でもその時の方がいやな臭いが発生して困りました。

あるとき、通性嫌気性微生物群といって乳酸菌や、酵母、光合成細菌などは空気があっても大丈夫で、しかも発酵食品も作ってくれる重要な微生物で、空気が少しあった方がいいという性質がわかりました。

それ以来、すっかり空気を遮断することはせず、気楽に生ごみにボカシをかけながらためています。(生ごみを容器に入れた後は、虫除けの為に容器のふたはしっかりしておきます。)

ヌカ漬けだって毎日かき回すと乳酸菌や酵母に空気が送られて発酵が進み、おいしいヌカ漬けができるという事に納得したしだいです。

仙台のボランテイアサークルの生ごみネットでは、堆肥化講座の講師をしていますが、大きく微生物をわけると、空気の好きな好気性微生物をコウちゃん、通性嫌気性微生物はツウちゃん、嫌気性微生物はケンちゃんと呼んでいます。

| | コメント (0)

新月

8日の2時14分に新月でした。

この数日、夜の空にはお月様が見えませんでした。はじめてその理由が新月にむかっていたからとわかりました。見えない理由は月は太陽といっしょに朝のぼってきて夕方にしずむ状態になる為で恥ずかしいほど知らない世界でした。

これから月は上弦の月に向かいます。

そして新月になったばかりの今は願い事をすると叶うらしいし、種まきをすると順調に育つらしいし、行動をおこせばいいことが多いようです。

また前回のマクロビ庵での勉強でもらった資料によりますと

「地球上は新月で引き締まるエネルギーがピークに達し、今度は緩まる方向へと変化。カラダは排卵後、子宮の掃除をする準備を始めるので、緩める力がほしくなってきます。カラダの中が変化するときで、一番不安定なときです。カラダが緩める力を取り入れようとしはじめるので、上に伸びる野菜を多くします。このときに、動物性のものや、パンを食べ過ぎたりすると月経痛がひどくなったりするので気をつけて。月経前症候群(PMS)で悩んでいる人は酸味の多いものを。」

(オートミール、麦、貝割れ大根、アルファルファ、もやし、きのこ類、わかめ、納豆、酢の物など)

ということです。還暦の私は月経痛を少し記憶しておりますが、若い頃に月を意識して生活したかったと残念な思いで生活しています。

次の写真はウイキペディアから抜粋したのですが青いのが地球で

地球・月・太陽の位置関係。新月は1の月太陽光

1番が新月の状態になる。

私の理解力ではまだまだわからないところが多いので、そういう講座があったら聞きに行こうと思ってます。

| | コメント (0)

3月の生ごみ堆肥畑

雪がつもらず、しかも冷たい風が多かった1月、2月でした。その為去年の11月に定植した玉ねぎは土から離れて無残な姿になっています。

もぐらもいるので植えた玉ねぎの下を通ると土がもりあがってしまうからです。雪がしっかり降ってつもっていれば盛り上がった土も元通りになったはずと考えました。

なにしろ露地栽培は毎年色んなことがおきて思いどうりに作物が育ってくれません。

あきらめて玉ねぎが風でとばされた場所に、春ニンジンの種をまくことにしました。ニンジンを生ごみ堆肥化した畑で育てると無農薬栽培となりますが、安心、安全のそれはそれは甘いおいしいニンジン。

そして種をまいた後は、うまく芽がでるようにと、ひと雨がほしくなってます。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »