« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

商品棚新装

Photo お米を陳列していた棚にEM商品も展示できるようにしました。前は横においていたので商品を捜しにくく不親切でした。スッキリしましたのでよろしくお願いします。

EMって何だろう?のパネルも並べてお客様に説明できるようにしました。お客様からの質問も受けやすくなったと思います。

そのパネルにペットの毛並みがよくなると書いてあります。

今回の猛暑で頭の汗も凄く、頭の中にもあせもができそうだったので、シャンプーの後はEM活性液を10倍位にしてリンスとして使いました。あせもも落ち着きましたが髪の毛がやわらかくなったと感じます。

EM活性液は塩素の緩和のためにお風呂に入れたり、洗濯に使ったりしていますがワンちゃんの毛並みがよくなるなら、私の髪も負けずにいい状態になるようにずっと利用していこうと思いました。

| | コメント (1)

づんだ団子

Hatake_053お盆には必ず作る「づんだ」:枝豆をすり鉢でやわらかくし、砂糖、塩少しで甘くする。

時間がかかるので店番しながらゆっくり作りました。

畑で枝豆をとってくるところからはじめたかったけど、花がさきはじめたばかりで使えませんでした。

①生協の枝豆を1k980円で購入、いつもよりチョットやわらかく煮て薄皮もとります。

②フードプロセッサーではなく今回はすり鉢使用。すりこぎで豆をつぶしてからじっくりする

③砂糖、塩少々で味付け。

④普通はもち米を炊いておはぎにするけれど、今回はタカキビ粉があったのでタカキビ団子にずんだ餡をかけて食べました。タカキビのほろ苦さが甘いずんだ餡にピッタリ!

タカキビ粉(別名こうりゃんの粉)は仙台では珍しいものですが岩手では郷土料理としてよく使われています。へっちょこ団子と言われてあずきで作ったおしるこのなかに入れて食べます。

| | コメント (0)

マクロビ庵教室

1ヶ月に1回のマクロビオテック教室の5回目

右:玄米にはと麦、きび入りの雑炊、

左:干ししいたけを煮てそこに炊いたきびをいっぱいのせ、さらに野菜あんをかける

Hatake_052_2

昨日の勉強は「あなたは今どちらに向かっていく必要がありますか?」という内容でした。

私は昔、朝早く起きるのが苦手で子供達が学校に通っているときは遅刻すれすれに通わせていたというダメ親でした。(遊びにいくときは早起きできた)

その後、EMを知るようになって無農薬栽培米を販売して自分も食べるようになり、万田酵素を扱って酵素の重要性を知り、自分の身体にも微量ミネラルをとることができるようになると、朝おきるのがとても楽になりました。玄米、雑穀からとれるミネラルは身体も心も落ち着かせてくれるようです。

マクロビ庵の小田切先生は自分の体調を観察してどんな食べ物が今必要なのかわかるようになってほしいと言いますが、そうなるにはまだまだです。

昨日のしいたけ料理に野菜あんをかける為、にんじん、えのき、コーンを炒める時、陰性の野菜から炒めてくださいと言われました。

私はニンジンが固いからと炒めようとしたらストップがかかり、まったく逆でえのきが一番、次はコーン、最後にニンジンでした。これの意味がわかるまでもっとマクロビの勉強必要です。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »