« 生ごみ保存容器のいいカビ | トップページ | 冬眠中の蛙のじゃまをしてしまった! »

ダンボール箱利用の生ごみ堆肥化Ⅳ

Namagomikyousitu_138 ダンボール箱に腐葉土、くん炭、ヌカをいれ生ごみを分解していた主婦から困ったと相談されました。最初は適度な水分を与えて生ごみ投入していき、混ぜると中が熱くなりすぐに分解しておもしろかったけど1ヶ月もすぎると活性液を足してもボカシをたしても熱くならなくなったし、写真のように細かい粉がいっぱいできてダンボールをおいてある床にも侵出してきて不気味だというのである。

実物をもってきてもらって見るとこれ以上分解できないほど細かくなった粉みたいです。これが増えていくといわれたので私もしばらく様子をみることにします。

この粉は腐葉土やくん炭の屑なのかしら?

だんだん増えるってどういう事なの?

箱に残っているのは全部土にもどせば解決するけど、ダンボール箱を置いておいた部屋に粉が残り、増えていくそうです。なにが原因でそうなるの?

土にもどす前に疑問におもっている方の悩みを教えてくれる方をさがさねばならない。

|

« 生ごみ保存容器のいいカビ | トップページ | 冬眠中の蛙のじゃまをしてしまった! »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。