« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

発芽玄米

Namagomikyousitu_034_1 発芽玄米の質問をうけたので、機械を使わずに発芽させてみました。洗った玄米を玄米が浸るくらいの水の中にいれ、暖かい窓辺においておきます。

☐発芽機の場合は12時間~22時間でできるようです。

機械を使わない時は、玄米を広めの容器に入れ、一日一回は水をかえて、暖かい窓辺において置きます。少しずつ小さい泡がでてきて、3日目には全部の玄米から小さくてかわいいとんがりぼうしのような芽がでました。発芽させているとき、他のHPに悪臭がでると書いてありますが、無農薬玄米はそんなことはないです。むしろ炊いているときなどいい香りがします。まだはっきりしませんが、お米が育ったときの肥料の関係かとも考えられます。

玄米より味も消化もよくなり、また、高血圧の方、ガン発生の抑制などにいいそうです。すぐには体質改善はできないようで、続けて食べることが必要のようです。

◆生ごみをEM発酵液につけて、ピクルス状態にする方法を今やってますが、たしかに臭いが少ないのでいいかもしれません。でもEM発酵液って何?と思う人の方が多いのでEMを解かってもらうほうがさきですね。

| | コメント (6)

つぶつぶ雑穀

Namagomikyousitu_023_1 趣味で無農薬野菜を作っていると自然に体にいいものをもとめるようになります。最近は雑穀のすばらしさを、おいしいおかずや、スイーツにして紹介しているイルファというグループをしりました。

http://www.tsubutsubu.jp

たかきびやそば粒のぎょうざや、ハンバーグ、ひえやあわのシチューなど色々紹介しているし、なぜ雑穀が体にいいかも詳しく説明してくれているところです。

私も先日、完熟梅をとってきたりしたので梅寒天にして、いっしょにひえ粉のカスタードクリーム(リンゴジュースで甘みをとる。)レーズン入りをそえておやつにしました。

本をみて作ったので、なめらかなカスタードクリームにはなってないけど甘酸っぱい梅寒天といっしょに食べたらまあまあでした。

| | コメント (2)

プランターの草

どんよりとして青空がなかなか戻ってこない日が続くし、畑にも忙しくていけなかったので、自宅ベランダでプランターの草取りをしました。とった草はあいてるプランターに入れ、また忘れて冷蔵庫でくさりかけたおかずなどもいっしょにいれてボカシをふります。あとは上に古くなった鉢の土をかぶせてしばらくおきます。すべての有機物はいつかは土になるので、生ごみも草も水分の残るおかずも直接うめてOKです。去年そうして作った土にシソとつるなを植えたら結構元気で冷やっこなどに無農薬のシソは重宝してます。

Namagomikyousitu_010

| | コメント (4)

ピクルス式生ごみ保存方法

Takamorityuu_010 いつもなら生ごみにボカシをふって保存しますが、この写真は生ごみにEM発酵液をひたるくらいかけ、ピクルス状態にして保存する方法です。魚などは入ってないようで、野菜くずが主のようでした。先日伺った高森中の方からみせてもらったのですが、色々考えるなーと感心しました。

臭いは気にならず、EM発酵液のあまずっぱい匂いがしました。このやり方はEMをいつも使っている人ができる方法なのでまず、EM(善玉菌といわれる、乳酸菌、酵母、光合成細菌、放線菌などの集合液体)を理解してもらい、微生物を意識した生活になってもらうことが私の最初の仕事のようです。

| | コメント (0)

生ごみ堆肥の埋め方

今日も雨、こんなに雨がつづくと、生ごみボカシあえがたまっているのに畑にうめる事ができません。今回ためたバケツは夏場で気温があがっているし、魚の内臓を何回か入れたためか、ふたをあけると臭いがただよいます。これでやめる人もいるだろうなと思いますが私としてはまだ我慢できる状態だし、晴れるのを待っているところです。

ところでEM農家の方の話では、埋めた生ごみぼかし合えはしばらくそのままでいじらないとの事、天地がえしたほうがいいかと思ってたのに逆でした。使い方は作物のそば、根っこにさわらないように置き、追肥としてやるのがいいようです。なによりも作物に、土に、愛情をかけて畑にいっぱいいってあげることが大事のようでした。

| | コメント (0)

銀バエきました!

昨日の雨がすっかりあがり、青空になったので、生ごみバケツを車に積んで畑にまきに行きました。この暑さで生ごみをまいたとたん、どこからか銀バエが集まってきます。臭いも夏場はします。この位の臭いはしかたないと思う程度ですが。

土を10センチくらいかけて足で少し踏んでいると、えさを求めてハエはどこかに去っていきました。

周りが広いところで生ごみを埋めるなら気を使いませんが、住宅密集地はこの仕事は無理かもと思ってしまいました。

そこで最近ピクルスを作るように生ごみにEM発酵液を入れて保存する方法があります。液はそのまま肥料になるし夏場はこっちがいいかもと思ったので、次はこの方法で生ごみをためてみます。バケツにいっぱいにためると重いので、7分目ぐらいしかためられないでしょうが実験してみます。

| | コメント (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »