« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

ぼかし作り教室

Namagomikyousitu_002 Namagomikyousitu_003

昨日NPOプラザに仙台の方だけでなく蔵王町や岩沼などからも15名が集まって、ボカシ作りを勉強しました。講師は仙台生ゴミネットの八巻さんと日下部さん。当店で材料のヌカ、もみがら、EM菌、糖蜜などを準備しました。ボカシはダンボール堆肥にも屋内型、屋外型にも活用できますし、この講座では量がたくさん作れるようになるのが魅力です。

シートでのボカシ作りにも色々コツがあり、混ぜる際にボカシの水分を均一にするポイント、充分混ぜたボカシを手打ちうどんを作るようにシートの上から足で踏んで嫌気状態にする事とか、私も参考になりました。畑に生ごみ堆肥を利用したい方の為に、こういう地道な会を生ごみネット主催で開くことができて、すばらしいなと思いました。

| | コメント (0)

人間耕運機

Takamorityuu_026 玉ねぎを収穫した後はスコップで土を掘り返してます。耕運機はないので人力です。スコップで土を掘り返しながら生ごみボカシ合えやヌカやEM米のとぎ汁活性液などをまぜます。8月になったらここに秋野菜の種をまく準備です。

夕方、畑にいったので、蚊がいっぱいいました。農作業では長袖、長ズボン、長靴、首巻タオル、軍手など必ず準備が必要なのに、今日はフラット半そでで行ったため、すぐに蚊がよってきました。あっちこっちさされてしまいかゆーい。蚊に刺された後や草取りして何となくかゆくなったとき、EM原液をぬるとかゆみがおさまります。乳酸菌が働き殺菌作用で落ち着くようです。

| | コメント (0)

ナスはむずかしい

Takamorityuu_024 今年のナスも生育がよくないです。

去年は途中まですばらしかったのに、風の強かった日のあとだんだん枯れていきました。

また、本には苗を植える前に土をアルカリ性にするため、苦土石灰をまくと書いてあり、それをしなかったからとも思いました。でも生ごみ堆肥、ボカシ以外いれない主義なのでこの土が酸性か、アルカリ性か調べてみなければと感じました。

天気が良くないこともあるのでしょうが、それでも実が1個だけついてたので収穫。

| | コメント (1)

ぼかし作り

当店も会員としてお手伝いしている「生ごみネット」は、仙台市が主催している生ごみ堆肥化講座の講師をしています。参加された方から、ぜひボカシを自分で作ってみたいと要望が多く寄せられ、ボカシ作りを下記の日程ですることになりました。

日時:6月29日(木) 午後1時半より

費用:500円(未定) 

場所:宮城県NPOプラザ (榴ヶ岡公園の北、二十人町入口)

ぜひこの機会にご参加ください。この日が用事があってだめな方は当店でご相談にのりますのでご予約ください。(電話:256-2068)

| | コメント (3)

畑の動物

私の畑では、生ごみ堆肥を畑に埋めるとすぐにカラスが飛んできてほじくって食べてます。田んぼの中にある畑なのでねずみ、モグラもいます。モグラが植えた野菜の根の下をとおり駄目にしたり、収穫物を食べられたりしてますが少しなのであきらめてました。

しかし、先日私の方法で生めた幼稚園の畑で、「狸」がでてきて問題になってしまいました。仙台でも山のそばにある畑はいっぱいあるし、生ごみを堆肥化するにはもうひと手間かけないとだめなようです。

①生ごみボカシあえを埋めたら、しばらくはビニールなどでおおう。1ケ月位で大丈夫です。分解していく過程で土が熱くなっていく。(実際に生ごみネットの会員が体験している。)落ち着いてから野菜の苗を植える。

②木の枠などで堆肥を作る場所を決め、ここに土、生ごみボカシ和え、落ち葉、ヌカなどまぜて分解、発酵させてから畑にもっていく。今仙台ではこれのミニ版としてダンボールを利用した堆肥化を進めているところです。

Dannboru_1 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

8月まで土作り

Takamorityuu_023 玉ねぎを少し早かったけど全部抜き取りました。ほんとは畑でゆっくり休ませてから家にもって帰るのが理想ですが、毎日行けないし、いつのまにか抜き取られる心配もあるので、我が家で干してます。

これから8月はじめまでは、玉ねぎ収穫後の畑にヌカをふって、その上からEM米のとぎ汁活性液をかけて栄養分を補給します。生ごみボカシあえもたりない時は、ヌカや抜き取った雑草もみんな利用します。約1ケ月後に種をまく大根、にんじん、白菜、ブロッコリーなどのための土作りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫

Takamorityuu_017 Takamorityuu_015

Takamorityuu_011

絹さやは収穫して夕食におひたしにしました。たまねぎはずいぶんねぎぼうずが増えていて、ねぎぼうずのついたたまねぎはや はり大きくならず固そうです。

いちごも露地栽培なのにまっかに熟しています。畑のお仲間が作っているのでごちそうになりました。

どの野菜もすべて無農薬!それが一番すばらしいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »